健康・美容

貧血対策に知っておきたい食べ物や運動のこと。

眠る猫

「貧血(鉄欠乏貧血)」って聞き慣れてしまった感もあってなんだかどうにも、よくある身近な症状のような気がしてしまっている私。

 

でも貧血は病気の1つであり決して気軽に考えてしまってはいけないものなんですよね><

 

一番の貧血改善の近道は病院に通うことであろうとは思いますが、病院だけに頼らず日ごろから自ら気を付けることも勿論必要になってくる訳でして。病院通いを止めたらまた貧血になったってことになっても困りますしね。

 

そんな事態にならないためにも、日常生活の中に積極的に取り入れていきたい貧血対策の方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

貧血対策に食べたい物

文字通り貧血とは血が足りてない状態ということだから血を作ることがひとまず大事になると思うのですが、しかしよく聞くのが

 

貧血対策の食材→鉄分→レバー

 

でもレバーって結構好き嫌いが分かれる食材ですよね。かく言う私もレバーは非常に苦手。

あの独特のニオイと苦味と言うかサビた舌にまとわりつくような食味…鉄分のために!と解っていても私のように苦手で食べられない人は多いと思います。。

 

レバー以外のもっと食べやすくて且つ鉄分が摂れる食材は!?

 

なんだ、調べてみたら鉄分が摂れる入手しやすい食材って意外とあったんだ!という。ありがたや~♪

 

>>貧血対策に食べると良い食材はレバー以外だと何がある?

 

鶏レバーの串焼きを焼いている手元

 

鉄分摂取の食事は食べ合わせも大事

食べ合わせダイエット、が流行ったりもしましたが(今でも?)ダイエットに限らず食材の食べ合わせって大事ですよね。お腹を壊すことも実際にありますし^^;

 

どうぜ食べるのなら目一杯その食材の栄養分を摂取出来る食べ方をしたい!

 

ということで。

貧血対策に食べたい食材で、鉄分の吸収を高めてくれる一緒に合わせてもの、逆に一緒に食べると鉄分の吸収を阻害してしまう避けたい食べ物、飲み物についてご紹介いたします。

 

>>貧血対策の食事で一緒に食べたいもの、避けた方が良いものは?

 

食後に飲んでいるあの飲み物、実は鉄分の吸収を阻害してるかも…!?

 

ドリップコーヒーを作っているカフェ

 

スポンサーリンク

貧血の原因になる運動とは?

貧血とは血液が足りない状態ですが、赤血球の機能が落ちることによっても貧血は引き起こされます。その赤血球の機能低下の原因になっているものに運動があるんです!

 

体力づくりやダイエットの為などジムに通ったりエクササイズをしたりという人は多いと思います。が、実はある運動は貧血の原因になる要素が大きくそれによりアスリート貧血とも言われています。

 

その運動とは一体!?

 

夕暮れの自然の中でアスレチック運動をする女性のシルエット

 

そうとも知らずに続けてもし貧血が悪化してしまって…

貧血の症状と言って浮かびやすいのは立ち眩みかなと思うのですが(漫画とか話の中で人が倒れる題材で使われやすいですよね)、まぁ立ち眩みくらいその時ちょっと我慢すれば、なんて軽く考えていたら後々、こんな不調や病気の原因になってしまう可能性も!?

 

>>貧血で疲れや肩こり?貧血が原因で発症率が高まる病気も

 

貧血対策に知っておきたい食べ物や運動のこと まとめ

高校生の健康診断で貧血ボーダーラインと言われてから30代の今に至るまでお付き合いが続いている貧血。体質的に女性がなりやすいものではあると思いますが男性だってなるものだし、毎日を元気に過ごすにはなんとか対策をしたいものですよね。

 

確実な治療は病院に通うことだとは思いますが、少しでも症状を良くするためにも日常生活でも出来ることは積極的に取り入れていきましょう!><

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

CAPTCHA


当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク
mocoのプロフィール

富山県出身、社会人をしながら現在は東京で夫婦2人暮らしをしている30代です^^

美味しいものを美味しく味わうために。
食材や食にまつわることを中心にご紹介しています。

幼少期からのアトピー持ちで高校生からの貧血ボーダーライン。なので食品添加物など何かと気にしながら生活しています。

30代になり肌の健康や体力の衰えなども感じ始める今日この頃…
ちょっとでも面倒臭いと長続きしない質なので、簡単に取り入れられることを探しながら試しています♪

  最近の投稿
カテゴリー
タグ