みかんの甘い、酸っぱいを見分ける選び方は?見極めるポイントはココ!

寒い冬はこたつでみかん。
そのみかんが瑞々しくて濃厚なら尚良し。

 

でも、コレ!と思って買ったみかんが思ってた味と違う…
という経験、ありませんか?

 

一般的に言われるみかんの見分け方、選ぶ時のポイントをご紹介します♪

スポンサーリンク

大きさで見分ける

スーパーのみかん売り場に行くと、いくつか種類がある場合はサイズごとに分けて売られていることが多いと思います。ウチの近所のスーパーではS、M、Lでサイズ別に売られています。

 

大きいみかんの方がいっぱい食べられる気がしてお得感がある!と私なんかは思いがちですが、実際には小さいみかんの方がおいしいものが多いです。

 

小さければそれだけそこにみかんの旨味がぎゅっと凝縮されるので濃くて甘いみかんになりやすい、大きいとそれだけみかんの旨味が広範囲に広がるので味わいが薄まってしまう、という訳ですね。

 

経験上、なんか味が薄くて水っぽいな~というみかんは大ぶりなものがやっぱり多いです。瑞々しくはあっても旨味が薄いとあまりおいしくないですよね。

 

形で見分ける

形で見分ける場合は、きれいな楕円形のものの方がおいしい傾向にあります。

オレンジみたいにまん丸だったりデコポンみたいにちょっと上の部分が盛り上がっていたりするものよりも、平べったく高さの低いもの、です。

 

みかんは最初は縦長に成長して横方向に成長していきます。
なので、丸い品種のみかんもありますが、そうでない場合は丸よりも楕円形になっているものの方がより成長して熟している、ということになります。

 


色で見分ける

他の果物と同様にみかんも皮の色が濃いものの方が、熟成度が高くて旨味や甘みのあるものが多いです。

 

またヘタの色で判断することも出来て、緑色だとまだ若いみかんで、黄緑色やより黄色い方が熟成が増しているので味わいも濃くなります。

 

黄色いってことは枯れてる?と思うかも知れませんが、枯れているのはカチカチで茶色っぽいので、そうではなく、黄色っぽくて枯れていないもの、です。

 

枝、軸で見分ける

みかんの木は、樹齢が若いと枝が太く、ベテランになるほど細くなっていきます。
枝が太いとそれだけ水分が実に流れて多くなるので、全体として味わいが薄くなりやすいです。

 

なので枝の切り口が小さいものの方が甘い傾向にあります。

 

太い方が旨味がたくさん流れるんじゃ?とも思うのですが、水の割合が多いと味は薄まる、と。
そのバランスの見極めが難しそうですね。

 

 

スポンサーリンク

皮で見分ける

みかんの皮には厚いもの薄いもの、ボコボコしているものつるつるしているもの、などなど色々ありますよね。

 

若い樹のみかんは皮が厚めなので、皮が薄くて表面がつるんとしたものの方が味が濃い目になっていきます。

 

また皮と実に隙間がある、皮が浮いているみかんは皮が剥きやすいので個人的には結構好きなのですが、でもこの隙間が少ないものの方が実が締まっていて美味しさも詰まっているものが多いです。

 

まるくて皮がかたく張っているものはまだ成長途中で酸っぱいことが多いので、少しやわらかくて弾力性のあるものの方が熟成度は高いです。

 

袋やネットに入った状態では直に触れないのでわかりにくいですが、おしりの部分、下側のくぼみが少しへこんでいるくらいのみかんを選ぶと良いですね。

 

葉で見分ける

実のそばに葉っぱがあるみかんだと、葉っぱが光合成で作った栄養分がみかんに蓄えられるので他よりも濃い味わいのみかんになります。

 

スーパーなどで売られているものだと葉っぱが近いかどうかの判断は出来ませんが、もしみかん狩りに行くことがあればそういうみかんを見付けてください♪

 

 

味の濃いみかんの見分け方は? まとめ

実際に食べていてコレ濃い!と思うみかんというのは、

 

・実にへばりついているくらい皮がすごく薄くて
・表面がつるっつるしていて
・色も濃くて
・めちゃ小ぶり

 

こんなみかんです。

皮は剥きにくいんですけれどもね^^;

 

技術の進歩もあって、出荷前に予め糖度を調べて甘いものだけを選別していたり旨味の数値が高いものだけを選り分けたりなどが出来るようになっているので、そこまで不味いと思うみかんにはあまり出会わなくなっているとは思います。

 

でも美味しい感覚は人それぞれ好みもあります。
世の中としては甘いみかんが好まれる傾向にはありますが、酸っぱ~いみかんが好きな人だっている訳ですからね。

 

今回は味わいが濃縮されたより濃いものを選ぶ方法をご紹介しましたが、もしもそんなに濃くなくて大味の方が好きだという場合は、紹介した方法と逆で考えて見分けてもらえたらなと思います。

 

みかんで有名な産地は多々ありますが、同じ産地だったとしてもそこの全部が同じ味わいでは決してないですよね。見た目は良くても食べてみたら…ということも往々にしてあります。

 

どれが良いかは食べてみないことにはわからない、というのが正直なところではありますが、でもどうせ買うならば、とも思いますよね。

 

今回ご紹介した見分け方を参考に、少しでも好みのみかんに出会えますように♪

 

 

それでも酸っぱいみかんにあたってしまったら…

>>酸っぱいみかんを美味しく食べる食べ方とアレンジ方法

 

スポンサーリンク

        0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

スポンサーリンク
  最近の投稿
よく読まれている記事はこちら
カテゴリー
タグ
最新記事をメールでお知らせ

メタ情報