健康・美容

完全食、完全栄養食の麺はおいしい?ベースヌードルを食べてみました!

手軽に栄養素を摂取出来るという食べ物、完全食・完全栄養食。

現在商品化されている完全食は幾つかありますが、今回試してみたのは完全栄養食 BASE FOODの商品。

 

前回はその中のBASE BRED:パンを食べてみたので、今回はNOODLE:麺を食べてみます!

 

■ベースブレッドについて知りたい方はこちらを

>>完全食、完全栄養食のBASE FOOD(ベースフード)を食べてみました!

 

スポンサーリンク

完全食ベースヌードルの食べ方

ベースブレッドはパンなのでそのままでも温めても好みですぐに食べられましたが、ベースヌードルは麺なのでベースブレッドと違って茹でる工程が入ります。その点では若干の手間が発生。

 

お湯を沸かすことすら面倒臭いと感じる、そんな気分の時だって誰にでもあるのではないかと思うのですが、ベースヌードルは電子レンジでも茹でることが可能!

 

 

電子レンジで調理する場合は、お湯を使うなら500Wで2分水を使うなら500wで6分半がレンチン時間の目安です。お鍋にお湯を沸かして茹でる場合だと熱湯で3分です。

 

通常、パスタを茹でる時は塩を加えると思いますが、ベースヌードルに関しては食べ方に合わせて塩の有無を決めてOK。しっかりした味付けで食べる場合は塩なし、シンプルな味付けで食べる時は塩ありで茹でると良いよ、と説明書にあります◎

 

さてベーヌードルの中身を取り出してみますと

 

ベースブレッドの時にも感じたアルコールかな、の香りがぶわ!っと開けた瞬間からしました。生麺なのでしっとり柔らかくて、色も茶色いから蕎麦みたいな。

 

今回はこの麺を、お湯を使って電子レンジで茹でます!

 

耐熱容器に麺と、麺が浸かるくらいのお湯を入れましたら

 

そのまま電子レンジで2分。

なのですが、耐熱ポットに入っていたお湯を使ったので熱々!ではないということから今回2分半レンチンにしてみました。

 

 

説明書には茹でた後の処理について何も記載がなく。

ただ湯切りすれば良いのかな?ということでザルにあげます。

 

味付けですが、今回は初回のスタート購入で付いてきたベースフードのボロネーゼソースで食べることにしました。よくあるレトルトパウチ状態のソースで、湯煎してねと書いてあったのですが面倒だったので耐熱ボウルに入れて1分ほどレンチンしましたw

 

商品に記載がないので電子レンジは本来はおすすめされていないのかもですが、もしレンジを使う場合は加熱中にソースが飛び散るのでラップなどでフタをすると良いです。

 

ベースヌードルに付属のインスタントボロネーゼソース

 

温まったら麺にかけて、完成!

 

ベースヌードルボロネーゼ完成

 

お好みでスパイスや粉チーズなどを。今回は黒胡椒とドライオレガノを振っていただきました♪

 

スパゲッティなどパスタを茹でた場合は、茹でた後にオイルを絡めておかないと麺同士がくっつくからベースヌードルもそうなるのかなと思ったけど、全然くっつかず。むしろ水分が残ってて食べてると水っぽかったです。

 

なので次回作る時は麺を絞って湯切りして食べようと思います!そう考えるとパスタよりは蕎麦を茹でると考えた方が適しているのかも。

 

麺の触感は?と言うと、ざらざら、ボソボソ、粉っぽい。

小麦粉のパスタと思って食べると全然違いますね。ラーメンでも二郎ラーメンとか粉っぽい麺だったり、十割蕎麦の乾麺も粉っぽいざらつきがあるので、似たようなorそれ以上にざらつく舌触りです。私は全然気にならない触感ですが麺はつるつるじゃないと!という人には好ましくないのかな。

 

麺の味ですが、当然と言えば当然かもですがベースブレッドと同じ味がしますw

ベースヌードルの主成分は小麦全粒粉。全粒粉って小麦粉よりも味や香りに特徴がありますからね。そこに大豆、昆布などの栄養豊富な食材が10種類以上ブレンドされて作られています。

 

で、食べていて塩が強いな~!って思っていたのですが、最後に残ったソースだけ食べたらこのボロネーゼソースがしょっぱかったw私が元々薄味を好むのでそう感じるだけかもですが、BASE FOODのソースは味付け濃い目で個人的には合わないようです。

 

なので次回からは自分で味付けすることにします!スタートキットにはこのボロネーゼソースとオリーブオイルも付いてきたので、オイルとちょっと醤油とスパイスでシンプルに食べようと思います♪

 

因みに簡単アレンジとして紹介されている焼きそばアレンジも良いなと。キャベツや豚肉と一緒に炒めてソースと青のりで。おいしそう~

 

スポンサーリンク

ベースヌードルの賞味期限や保存方法は?

ベースヌードルは常温保存が可能で、賞味期限は注文日から約1ヶ月となっています。ベースブレッドと同じですね。

 

なんですが、実物を見てみたら賞味期限は約3ヵ月ありました!

完全食ベースヌードルの賞味期限が記載されたパッケージ裏面

 

もともとパンより賞味期限は長めなのかな?今回が偶々?

次回届いた時にはどうなってるか確認してみようと思います◎

 

保存場所は直射日光、高温多湿を避けて15〜20度の冷暗所で。これ以上気温が高い場所の場合は冷凍庫での保管を推奨。冷凍保存は味わいが劣化する可能性があるのでおすすめしません、とのことです。


ベースヌードルはパスタと思うなかれ。

ということで、今回はBASE FOODの麺、BASE NOODLEを食べてみました。

 

個人的な感想としては、全然あり。スパゲッティなど小麦粉パスタのつるんとした触感も好きだけど粉ものの粉粉した触感も好きなので、これはこういうものとして全く問題なく食べられます。

 

ベースフードのサイトでベースヌードルの口コミを見ていると、やっぱりパスタではなく蕎麦、或いはこれまでの麺とは違う種類の麺と思った方が良いかもという意見がありました。私も同意ですね。

 

中には完全にパスタの頭で「味も触感も風味も全然ダメ」みたいに言っている人がいましたが、これまで食べてきたパスタと比べたら原材料が全然違うんだからそりゃぁ比べても全然違うだろうと思います。そもそもなんでそう決めつけてるんだろう?

 

ボロネーゼソースが付いてきたりトマトソースでパスタに、と食べ方の方法としてパスタが書いてある&紹介写真がパスタ使いになっているから頭の中に「ベースヌードル=パスタ」って浮かんでしまうんだけど、

ベースフードのスタートアップ冊子で紹介されているベースヌードルの食べ方写真ページ

BASE FOODスタートブックの1ページ。

 

めんつゆにつけて食べても良いしラーメンみたいにしても混ぜそばにしても焼きそばにしても何でも良い訳なので、端からパスタと決めてかかるのは違うんじゃないかな~。というのが個人的な感想です。それでパスタと比べて「全然違う!」って息巻いても、だってそもそもパスタって謡ってる訳じゃないし、最重要ポイントが「美味しさ」の商品な訳でもないし。

 

もしこれから試してみよう!と思っている人は、ベースヌードルの食べ方の1つにパスタのようにして食べる方法もある、という認識でいた方が、変に味に期待をせず、完全食という本質を見失わずに食べられるのではないかなと。思ってみたり^^

 

ちなみにベースヌードルは1袋に1食分:麺130gが入って¥195(※継続コースにすれば安くも出来ます。ただし注文は4食単位)。継続コースにすると初回50%OFF、2回目以降は20%OFFで購入することが出来ます。しかもお届け日の延期、停止はいつでも可

 

こういう継続コースものって最低でも2回とか3回は継続しないと注文停止が出来ないシステムのものも多いと思うんですが、ベースフードは1回頼んで即終了してもOK!因みに私は継続コースで頼んだのですが、2回目の注文を早速1か月延長して2か月後の購入にしましたwそういう柔軟なところも良いなと思います◎

 

もちろん、本当にただ1個だけ食べてみたい!とかでも買えるので、パンと麺と1個ずつ買うとかもありですね。でも1個だけだと送料(\500)が高く感じてしまうだろうなと><;

 

あ、ちなみに継続コースだと月替りのソースが貰えることになっています。ベースヌードルに合うソースを1食プレゼントしてもらえるようなんですが、初っ端のボロネーゼソースは私には塩が強かったからな…笑 次は何が来るのか楽しみに待とうと思います♪

 

 

完全食 BASE FOOD(ベースフード)



 

ベースフードのパンだともーっと手軽です!
>>完全食、完全栄養食のBASE FOOD(ベースフード)を食べてみました!

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

スポンサーリンク
mocoのプロフィール

富山県出身、社会人をしながら現在は東京で夫婦2人暮らしをしている30代です^^

美味しいものを美味しく味わうために。
食材や食にまつわることを中心にご紹介しています。

幼少期からのアトピー持ちで高校生からの貧血ボーダーライン。なので食品添加物など何かと気にしながら生活しています。

30代になり肌の健康や体力の衰えなども感じ始める今日この頃…
ちょっとでも面倒臭いと長続きしない質なので、簡単に取り入れられることを探しながら試しています♪

  最近の投稿
よく読まれている記事はこちら
カテゴリー
タグ