通年

ガトーショコラとブラウニーの違いは?

ガトーショコラとブラウニー、どっちもチョコレートのお菓子だけど、そういえば何がどう違うんでしょう?

スポンサーリンク

ガトーショコラとブラウニーの違いは?

まず最初に、ガトーショコラとブラウニーはざっくりとどう違うのかご紹介します。

ガトーショコラとは

ガトーショコラ、ガトー・オ・ショコラはフランス語でチョコレートケーキ、チョコレート味の焼き菓子全般をさす言葉です。卵白を泡立てたメレンゲを使ってその気泡の力で膨らませたり生クリームを使うのでやわらかさがあります。

 

ブラウニーとは

ブラウニーはアメリカ生まれのチョコレートケーキです。ガトーショコラと違い全卵と粉とをそのまま一緒に混ぜて作るのでずっしりとした食感で、ナッツを入れて作ることが多いので食べごたえもあります。

 

 

ガトーショコラとブラウニーはどちらもチョコレートケーキだけどそもそも生まれた国が違うんですね。

ではもう少し詳しくご紹介したいと思います!

 



ガトーショコラとは?

ガトーショコラ、或いはガトー・オ・ショコラと呼ばれますが、これはフランス生まれの焼き菓子でフランス語ではチョコレート味の焼き菓子全般を指す言葉です。ガトーはケーキ・焼き菓子、ショコラはチョコレートの意味です。

 

でも日本でガトーショコラと言うと、フランスの伝統的なチョコレートケーキの1つとしての認識が広まっていますね。

 

 

↑こんな風に、丸くて真ん中がちょっとくぼんでるのが個人的にはガトーショコラのイメージです^^

 

ガトーショコラは全卵をそのまま使うのではなくて卵白と卵黄を分けて卵白を泡立ててメレンゲにしてから使うので膨らみます。そしてもともと重い生地なので、冷めるとしぼみます

焼いてると膨らんで、冷めると最初に型に流し入れた生地の高さくらいまで戻るという感じ。なのでくぼむんですね。

 

そして基本的に、ナッツやドライフルーツなどの具材は何も入れません

 

レシピは山程ありますが、小麦粉はまったく使わないか使っても少量で、メレンゲが入るので柔らかさが出せます。そしてチョコレートと生クリームの油分でしっとりまとわりつくような濃厚さに仕上がります。

 

ガトーショコラは粉糖でお化粧をして食べることも多いですが、粉糖は時間が経つとケーキの水分・油分で溶けて透明になってベタベタします。なのでかける時は食べる直前にかけた方が見た目もきれいに仕上がりますよ♪

 

 

ブラウニーとは?

ブラウニーはアメリカ発祥のチョコレートケーキの1つです。アメリカの代表的な家庭菓子で、平たく正方形に焼いて切り分けて手で取って食べるのが一般的です。

 

 

ブラウニーは手軽に食べられる焼き菓子というイメージが私はあります^^

 

ブラウニーにもレシピはたくさんありますが、材料はガトーショコラとだいたい同じです。ただ配分が違うのと、ブラウニーにはくるみやアーモンドなどナッツを入れることが多いです。

 

ガトーショコラは卵白を泡立ててメレンゲにして混ぜるのに対し、ブラウニーは全卵のまま粉と混ぜ合わせて作ります。なのでふんわり感は少なくずっしりとしたケーキに仕上がります。レシピによってはふんわり感を出すためにベーキングパウダーを加えて膨らませるものもありますね。

スポンサーリンク

ガトーショコラとブラウニーの違いは? まとめ

ということで、ガトーショコラとブラウニーの違いをまとめますと

 

・ガトーショコラはフランス語でチョコレートの焼き菓子のこと全体を指す言葉

・ブラウニーはアメリカ発祥のチョコレートケーキで家庭菓子のひとつ

 

味と食感を比べると、

・ガトーショコラはしっとり濃厚だけど軽やかさもあるチョコレートケーキ

・ブラウニーはザクザク食べごたえもあるずっしりした、濃厚でコクのあるチョコレートケーキ

 

という感じになるかなと思います。

いずれにせよチョコ感はガシガシ感じられておいしいことには変わりなしです!^^♪

 

 

作り方はそれぞれどう違う?

>>ガトーショコラとブラウニー、作るならどっちが簡単?保存の仕方は?

 

スポンサーリンク

   通年   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

スポンサーリンク
  最近の投稿
よく読まれている記事はこちら
カテゴリー
タグ
最新記事をメールでお知らせ

メタ情報